上手く残業時間を減らす

残業から脱出するには?

残業を減らす方法とは?

残業時間が増加してしまっては疲労もたまりやすくなってしまい、健康の観点からも残業時間を減らす工夫が求められます。まず個人でできる努力として効率的な仕事への取り組み方を身につけると良いでしょう。特にタスクマネジメントやタイムマネジメントは仕事の無駄を省き効率よく進めて時間内に退社するために必須な技術です。しかしいくら効率化してもそもそも仕事量が多い場合は上司と交渉し仕事自体の見直しが必要です。また会社として仕事を効率化する工夫に取組んでいる例も見てみましょう。

残業を減らす方法とは?

  • 仕事効率を上げるタイムマネジメント

    More

    タイムマネジメントに積極的に取り組んでいるのかどうかで、無駄な残業時間を減らし疲労をためないような働き方ができるかどうかが変わります。そのため仕事に慣れていないうちからでもタイムマネジメントには積極的に取り組んだ方が良いでしょう。初めは思うようにできず悩むかもしれませんが、何度かトライするうちに段々とコツを掴んで上達します。なお基本的なタイムマネジメントの行い方は朝少し余裕を持って出社し、1日の段取りを考えることになります。

    仕事効率を上げるタイムマネジメント
  • 時には交渉することも必要

    More

    仕事を効率化しようとすることは残業時間を減らし、疲労をためない健康的な生活を送る上でとても重要なことです。しかしそもそも与えられている仕事量自体が多すぎる場合、いくら効率化を行おうとしても限界があるでしょう。そこでそのような事態に陥っていないか気をつけるために、自分が今どれだけの仕事量を抱えているのかは常に把握しましょう。そしてもし仕事量自体に無理があるのであれば上司と交渉し仕事を減らしてもらいましょう。

    時には交渉することも必要
  • ユニークな残業対策例

    More

    残業時間を削減し疲労をためないようにするためには、まず個人として仕事の効率化に取り組んだり会社に掛け合って仕事量のバランスを調整してもらうことが大切です。しかし仕事というものが組織で取り組むものである以上、どうしてもそうした個人的な取り組みだけでは限界もあります。しかし逆に言えば会社単位で残業時間削減に取り組むことは非常にパワフルであり、事実、いくつかの会社が強制退社の仕組みや会議の効率化などで残業時間の削減に成功しています。

    ユニークな残業対策例