代表的な残業時間の多い仕事

残業から脱出するには?

残業が多い仕事代表例

疲労がたまりやすいというと多くの方が忙しい仕事を思い浮かべると思いますが、基本的にその認識で間違いありません。特に残業時間が多い仕事はどうしても身体や精神を休めリフレッシュをする時間が減るので、そうでない仕事よりも疲労がたまりやすくなります。例えば事務作業も多く責任も重い飲食店の店長や締め切りに追われるシステムエンジニアや広告代理店の営業、成長業界であるからこそ人手不足に悩まされる介護職などが代表格と言えるでしょう。

残業が多い仕事代表例

  • 事務作業に時間を取られる飲食店店長

    More

    飲食店の店長は特にフランチャイズ店の場合、365日営業や24時間営業のお店も多く、残業時間が長くなってしまいやすい仕事言えるでしょう。そのため疲労がたまりやすい仕事の代表格の1つと言え、身体を壊してしまう方も大勢います。また飲食店の店長の場合はホールでの接客や厨房での仕切りなどの代表的な仕事以外に、お店の会計や人材の募集、また本部への報告などの事務仕事も多くなってしまうので、その負担にも悩まされることが多いでしょう。

    事務作業に時間を取られる飲食店店長
  • 人手不足で負担が多い介護職

    More

    介護職は今日本で最も需要が高まっている分野の仕事の1つと言えるかもしれません。高齢者の増加や75歳以上の後期高齢者の増加が進んでいる日本では、介護施設などへの入居を希望する人が非常に多くなっているからです。しかし現状は残念ながらそうした需要の増加にサービス提供を出来る人材の供給が追いついていないため、負担が現場に集中し介護職は残業時間の長い仕事になっています。また業界の慣習的に上司がサービス残業を命じることがあるという問題もあります。

    人手不足で負担が多い介護職
  • 徹夜が当たり前の広告代理店営業

    More

    限られた時間の中でクライアントの営業や広報に関する問題を解決し貢献するためのアイディアを生み出さなければならない広告代理店の営業の仕事も大変な仕事です。どうしても締め切りのある中で成果を出さなければいけないので、残業時間が長くなってしまいがちで月に100時間を超えるような残業や忙しいあまりの徹夜も珍しいことではありません。またクライアントの体制不備によって途中から話が変わってしまうということも珍しくないので大変です。

    徹夜が当たり前の広告代理店営業
  • 納期に追われるシステムエンジニア

    More

    システムエンジニアの仕事は主に社内の情報システムや業務システム、あるいは会計システムなどを作成する社内SEの仕事と、顧客に納品をするためのシステムを作る仕事に分かれます。どちらも残業が多く忙しい仕事の代表格と言えますが、その理由はシステムを相手にしている以上、どうしても予想外のバグなどのトラブルが生じてしまうためです。また顧客などからの要求が急に変わることも珍しいことではなく、そうした場合の仕様変更への対応も大変です。

    納期に追われるシステムエンジニア